読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア移住奮闘記

ワーホリ、Studentを経てパートナービザで移住!毎日挑戦にあふれたキラキラライフをお届けしたいと思います♡

メルボルンの公共交通機関*Mykiと罰金と愚痴 笑

こんにちは、ヒナハナです*

 

今日はメルボルンの公共交通機関についてご紹介!

私が今ヘルプで通っている歯医者はBox Hill Southの田舎にあります。
私の家からはトラム→電車→バスで2時間弱かけて行かなければならないのですが、メルボルンの公共交通機関は本当嫌になります。
ハロウィンの記事にも書きましたが、遅延や故障は日常茶飯事で今朝もそのせいでちょっと遅刻しました。
どれかひとつしか乗らなくてもリスクがあるのに、3つ乗り換えとなるとうまくいったらその日はラッキーって感覚です。笑
今日はもれなく全部少しずつ遅れて来ました。全部遅れてくれたおかげで全部予定通りの乗り換えができて少ししか遅れなかったから逆にラッキーでした!
ひとつでも逃すと次は20分後とかなのですごくストレスなんです。笑
まぁ私の日本の地元も田舎だからバスとか平気で20分とか遅れてきて部活帰りブーブー言いながら待ってましたけどねー。
そしてもうひとつ嫌なのが、バスとかトラムで「次は○○」っていうアナウンスや表示がないこと。
新しい型のトラムはアナウンスされるようになってて感動したけど、うちの前を通るまだ古い型の3番とかはないです。
昼間はまだ景色を見たりトラムストップの番号数えたりしてわかるんですけど、住宅街だし夜は暗くて本当わからなくて、窓に張り付いて血眼で景色を見ます。笑
そして降りるときはヒモを引っ張る。海外はボタンじゃなくてヒモ引っ張るパターン多いですよね。カナダもそうでした。
まぁヒモ引っ張ってるのに特に乗客が少ない夜は運転手さんボーっとしてるのか忘れられて止まってくれなかったことも何度かありますし、トラムストップでベンチに座って待ってたら、サーっと素通りされたりもしますけどね。
まだトラムはマシなんです。
バスなんてバス停に番号や名前すらなかったり。

f:id:hinahannah:20161107180840j:image
これはうちの職場の目の前のバス停ですが、行き先は一応ありますが、名前なし。一応バスのアプリで調べたらちゃんと名前ついてるんですが、ボードには書かない。超不安。慣れない場所だし景色見てもよくわからない、番号も数えられない、ということで毎回乗り過ごさないか怯えています。笑
でも大きな通りにあるバス停には名前がちゃんと書いてありました!
田舎なのねぇ。。

そして乗車賃のシステムもユニーク!
日本のように距離で賃金が変わらず、2hours fareとfull fare(1日)があって、2時間以内なら$4弱で乗り放題。2時間超えたらfull fareになって$8弱で1日乗り放題という仕組み。ちなみに時間は乗っている時間ではなく、最初にタッチした時から次にタッチするまでの時間。
1時間半かけて片道移動するのは$4だけど、朝夕5分ずつ往復するだけで$8という良いのか悪いのか何とも言えないシステム。
ちなみに現金では乗れません。もちろんクレジットカードでも払えません。使うのはMykiという公共交通機関専用のプリペイドカード。必ず乗る前に乗車賃がチャージされたMykiを入手しなければなりません。
電車なら駅でMykiを買ったりチャージしたりする機械がありますが、トラムストップやバス停にはないので超面倒!
近くのコンビニやミルクバー(個人経営のコンビニ)、ニュースステーションなどに行ってチャージしなければなりません。
昔はトラムの中にチャージする機械があったんですが、なぜかメットカードと同時に廃止されました。
でもですね、Mykiなくても実際は乗れちゃうんです。いちいちチェックされませんし、Mykiをタッチするところは車内にいくつもあります。乗るときにタッチしなくても席に座って落ち着いてからタッチっていうのもあり、中にはタッチせずにタダ乗りしてる人も少なくありません。
だってさっきも書いたように日本だったら片道140円で往復280円の距離を、$8も払うの嫌だなと思っちゃいますよねー。
でも結構頻繁にインスペクターという交通警察みたいな人がチェックしに回ってきて、チェックされたときにMykiタッチそてなかったら罰金とられます。
今はその場で払う($75)か後から手紙が届いてから払う($225?)か選べますが昔は$225のオプションしかなく、実は私もコンセッションカードを使えないのに使っていて1回だけ払ったことあります。笑
コンセッションは学割のことで学生は半額になるのですが、インターナショナルスチューデントは使えません。使えるのは永住者のみです。インスペクターに捕まった当初学生だったので学生証を見せればいいものだと思っていたら違ったようで、ガックリ。インターナショナルスチューデントの方が貧乏なのにひどい。笑
ちなみに私の知り合いはMykiを持たない主義です。笑 20年近くメルボルンにいてインスペクターに捕まったのは15回くらいだそう。毎回罰金$200以上払わされても真面目に払い続けるよりは確かに得ですね、結果論ですが。笑
でも全然会わないときもあれば週に3回とかインスペクターに出くわす時もあるのでオススメしません。いや、そもそもちゃんとルール守りましょうって話ですね。笑 日本で1回でもこんなことしたら会社クビになりますよ。
つまりまとめると

メルボルンの公共交通機関は遅れるもの!乗り物に乗るときはMykiをタッチしましょう!アナウンスがなくても景色を見て頑張って降りる場所を見極めましょう!ということでした。笑

 

お読みいただきありがとうございました*
ヒナハナ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


メルボルン(海外生活・情報) ブログランキングへ