読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア移住奮闘記

ワーホリ、Studentを経てパートナービザで移住!毎日挑戦にあふれたキラキラライフをお届けしたいと思います♡

ハロウィンの悲劇とメルボルンカップ。トラムの故障は日常茶飯事。

MELBOURNE LIFE

こんにちは、ヒナハナです*

 

今年のハロウィン、みなさん楽しまれましたか?
私は歯医者がフルで予約入っていて6時までのはずが押しに押して7時半に終わりました。
その歯医者からうちまでは2時間弱かかるので、家に着くの9時すぎだー(ーー;)と思っていました。
が、それはまだ甘かった。
バスに乗り、電車に乗り、最後のトラム(路面電車)に乗り換えて帰っていると、なんと途中でトラム故障。うそやーんT_T
家まで40分くらいの距離をこの疲れた仕事帰りに歩く羽目になりました。
家に帰り着いたのは10時近く。基本10時就寝人間の私には辛かった。笑
トラムの故障や事故は日常茶飯事、運転手が道を間違えて立ち往生したりしてその場で降ろされることもしばしば。だけど乗客は嫌な顔はすれど文句を言わず降ります。
最初の頃私は代わりのバスかタクシーは???どうやって帰れっていうんだ!!と心の中で怒りまくっていましたが、今はもうただガックリするだけ。笑
だからこっちでは「トラムが遅れた、来なかった、故障した」という遅刻文句は結構許されるんですよね。もちろんそれを利用して寝坊とかの言い訳に使う人もいるので日頃の行いでも判断されますけど。笑
突然の故障で乗客へのフォローがなかったり運転手の道間違いで降ろされ次のトラムまで20分待てとか言われたら日本じゃ大クレームだろうなーと思います。笑

 

ともあれ、帰り道ハロウィンを楽しむ人々にたくさん会いました。
中高生の若者も多いんだけど、意外と仮装しないんですね!
中高生は仮装せずに友達と歩き回ってる印象でした。シティーの方はどうかわかりませんけど。
仮装しているのは20-30代の若者か子供たちが多かった気がします。
こっちの仮装はおばけとかゾンビ系でコスプレじゃないですね。まぁそれが本来のハロウィンですけど!
大人の仮装は結構本格的で怖かったです。笑
今年は休みがなくて余裕がなさすぎてハロウィンらしいこと全くできなかったのが残念。。
今年のハロウィンは何を作ろうか、去年から考えてたのに家に着くの待てなくてトラムの中でマックになっちゃいました(ーー;)
昨日もメルボルンカップで祝日だったので帽子被って便乗したかったのですが、余裕なしT_T
メルボルンカップは大きな競馬のイベントでビクトリア州の祝日になってるんです。レースコース会場のチケットはめちゃくちゃ高いらしいですが、会場は社交の場でドレスアップしないといけないし、女の人はみんなかなり派手なヘッドドレスを被っています。メルボルンカップといえば派手な帽子ですね。街にも電車にもドレスアップした素敵なマダムがたくさんいました。
会場まで行かない人もこの日は便乗して帽子被ってドレスアップして近くまで出かけたりするんです。
近くにも行かなかったからいい写真もとれなかったんですが、こんな感じです。

f:id:hinahannah:20161102142447j:image
ネットからひっぱってきたけど、いいのかな?もしダメだったらすぐ消します!笑
みんな本当こんな感じ。
いつかは行ってみたい。少なくとも来年便乗できればと思いますー!

 

ではお読みいただきありがとうございます*
ヒナハナ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


メルボルン(海外生活・情報) ブログランキングへ