読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア移住奮闘記

ワーホリ、Studentを経てパートナービザで移住!毎日挑戦にあふれたキラキラライフをお届けしたいと思います♡

オーストラリアの仕事探し事情とクラシファイドサイト比較*

MELBOURNE LIFE ワーキングホリデー関係

こんにちは、ヒナハナです*

 

今日は今月最後のお休み!

来週から2,3週間ほど、カフェが休みの日に知り合いの職場のヘルプに行くので、その間休みほぼなしですががんばります(>_<)

実は私、カフェのほかに別の仕事を探しているのですが、オーストラリアは経験重視社会なので就職先を探すとき経験がない人は本当に大変です。日本みたいに「未経験者大歓迎」なんていう求人はほぼありません。

ずっと飲食店で働いてきたのでオフィスで仕事したいなーと思って4ヶ月前にカフェのオーナーに、1ヵ月後くらいにオフィスの仕事を始めたいと伝えて就活開始!

ですが4ヶ月たった今も全然決まらずT_T

現地企業はseek.comやindeed.comを使って探して、経験必須でないところに何件か面接も行きましたが、落ちたり蓋を開けるといい仕事ではなかったり。

ありがたいことにカフェのオーナーは「仕事が決まっても辞めずに働けるときに働いてほしい、どうしても辞めることに決めたら教えてほしい」と言ってくれているので、焦らずに仕事を探しています。

 

私が今探しているのはオフィス関係の仕事ですが、今日はワーホリのころを思い出してワーホリ向けのお仕事事情を書こうと思います*

 

オーストラリアでの仕事探しは大変と書きましたが、特にワーホリは働ける期間が短いことや、英語の問題、オーストラリアでの勤務経験がないことなどから、現地の仕事を見つけるのは簡単ではありません。それにワーホリはビザがまだ残ってるから採用したのにすぐファームに行ったりブッチして辞めたりと、無責任な人が多いから雇いたくないという話もよく聞きます。まぁ個人的にはワーホリメーカーからすれば雇ってもらうためにファームに行くことや移動したりすることを隠したりするのも仕方ないと思うんですけどね。

それでも私はワーホリ中メルボルンから離れる気はなかったですし、「絶対ジャパレスでは働かない!現地のカフェやレストランの仕事を見つけるんだ!」と意気込んでいました。

こっちでのバイト探しは飲食店であれば、アポなしでいろんな店に入っていってレジュメ(履歴書)をとにかく配るという方法が結構一般的。日本じゃアポなしで履歴書持って来られたらあんまり印象よくないですよね。

ちなみにレジュメとカバーレターを出せという職場も多いですが、カバーレターは自己PR のようなものです。自分の特技や長所、経験と志望動機などなど。あまりレストランやカフェでは要求されませんけどね。

日本できちんとしたバリスタとして働いていた人やラッキーな人はそんな風にして結構現地のカフェで仕事を見つけていましたが、私は日本でのファーストフード店でのアルバイト経験しかなく、とにかくレジュメを配りまくりましたがほぼ反応なし。仕事を見つけるまでに要する時間は平均2週間前後とのこと。

大学を休学してきているので貯金も最低限しかなかった私は、仕事を探し始めて2週間がたったころ貯金がなくなる前に現地の仕事をあきらめ日系に当たりました。

私が一番使った(今でもかなり使っている)のはDengon Netというメルボルンのクラシファイドサイトです。頻繁に更新されますし日系の求人を見つけるには一番かなと思ってワーホリ中はこのサイトしか使いませんでした。求人のほかにもシェアハウス探しや中古品を売ったり買ったりするのにもとっても便利です。利用者は基本的に日本人なので安心ですし。

今でもシェアメイト探しに利用するし、売ります買いますコーナーは定期的にチェックしています。質問コーナーもかなりオススメです。自分と同じ状況の人の質問があって参考になることも多いですし、自分で質問を書き込むこともできます。回答0の質問もありますが、回答率は高いと思います。私はそこで3,4回くらい質問したことがありますが、有難いことに毎回何人かの方が回答してくださいました。とってもオススメです!

そのほかにもポピュラーな日系のサイトはgo豪メルボルンと日豪プレスでしょうか。go豪メルボルンは最近使うようになりました。Dengon Netと比べるとクラシファイドの新着の記事はそんなに多くなくて古い情報も多いイメージですが、新しく掲載される情報の質は高いと思います。どちらかというと事務系や長期勤務など現地在住の日本人向けの求人のほうが多い印象で、最近応募した事務系の仕事はここで見つけたものも多いです!

日豪プレスは情報が多い!私にとっては多すぎます。笑 でも同じ求人が繰り返しアップデートされてて、その中に新しいものがたまに混じっているような気がします。ファーム情報やインターンシップ情報が多いのでそういう意味ではワーホリ向けですね!メルボルンの情報しか見ない私はあんまり使いませんがこれはオーストラリア全土のクラシファイドサイトなので一番情報量は多いんだと思います。

現地のクラシファイドサイトにGumtreeというものがあり、これはかなりポピュラーでみんな知っています。現地の人もシェアハウス探しや職探し、中古品を買ったりするのにこういうサイトをかなり使うんですね。でも正直私はあんまり信用できません。私が今でも使っているiPhone4はスチューデントのときにGumtreeで買ったんですが、SIMフリーと書いてあったのにSIMフリーじゃなかったですし、組み立て式のベッドフレームを買ったときは骨組みが折れてあるのをテープで止めてあったりネジが壊れていて組み立てれなかったり。中には詐欺があったりスリや置き引きが盗んだものをGumtreeで売ることも多いと聞くので、今はあんまり使いません。もちろんGumtreeはより多くのいろんな人が使っているからこそこういうことも起こるというだけで別に悪いサイトじゃありませんよ!ただ日本人のクラシファイドのほうが信用できるという個人的な見解です!笑 シェア探しや職探しに関することには使ったことがないのでよくわかりませんが。

 

話は仕事探しに戻りますが、Dengon Netに掲載されている求人にいくつか応募すると、ジャパレスですが案外すぐ仕事は決まりました。

基本的に、フツーの人はオーストラリアではじめて働くのは日系、もしくはその他アジア系から入るしかないんだなーと、思いました。今まであった人はそれでも英語力の関係で仕事が決まらずに帰国を余儀なくされた人もいました。こっちに来てから伸びるとはいえ、英語力は少しはあったほうがいいです、やっぱり。

もちろんワーホリでも日本で専門的な仕事の経験を積んでいらっしゃる方や英語が堪能な方は、きちんといい仕事をされていたりするので、手に職つけるか日本で社会経験積んでから来ればよかったなんて思ったりします。

多くのアジア系やジャパレスではキャッシュで給料を支払うことで税金や最低賃金をちょろまかしています。今メルボルンの最低賃金は時給$17くらいだと思いますが、たくさん面接に行った私の統計上ジャパレスは平均$10~12くらいじゃないでしょうか。ひどいところは$10以下だったりもします。友達は$8で働いてました(;_;) 絶対そんな条件で働くか!と思っていましたが結局私も$12スタート、その1年弱の経験を持って見つけた2つ目の仕事でやっと銀行振り込みで$16.5(当時の最低賃金)でした。そこはチップがたくさんもらえるレストランでしたし、かなりよかったと思います。

ちなみに今の仕事は友達の紹介で始めましたが給料はキャッシュで$15と低め。チップも少なすぎてないようなものなので正直あんまり稼げません。前のレストランに戻ってもよかったんですが、新婚なのに夜に働きに出たくないなーと思って^^;

こっちでの仕事探しって本当にメンタル削られますが、根気強くがんばりましょう!!

少しずつキャリアアップをと考えてたんですが、最近いろいろわからなくなってきてスローダウン中。焦る理由はないのでゆっくり考えて次の仕事に進みます!

来週からは忙しくなると思いますが、できるだけスマホからでも更新しようと思いますので引き続きチェックしていただければ嬉しいです*^^*

 

では今回もお読みいただきありがとうございました*

ヒナハナ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ