オーストラリア移住奮闘記

ワーホリ、Studentを経てパートナービザで移住!毎日挑戦にあふれたキラキラライフをお届けしたいと思います♡

メルボルンでシソを手に入れた。

こんにちは、ヒナハナです*

 

最近Dengon Netの売ります・買いますのコーナーで売られていたシソの苗を購入しました!

シソって時々フジマートに売ってあって買うんですが10枚入りで$3.5とかなんですよ。

高いなーと思っていた時にこの記事を見つけたので、園芸なんてしたことないのに衝動買い!

翌日には引き取りに行きました。

f:id:hinahannah:20171106100625j:image

可愛いシソちゃん、ガーデニング初心者の私だけれどよろしくね!

元気に育ってね!

大きくなったらまた記事を書こうと思うので、声をかけていただければ喜んでおすそ分けしに行きます♡笑

多くの人におすそ分けできるようになりますように*

 

今日はメルボルンのビッグイベントのひとつ、メルボルンカップです!

競馬のイベントなんですが、ビクトリア州の祝日になっていてみんなとても盛り上がります。

私は全く興味がないので今日もお仕事頑張ってきます!

 

短いですがお読みいただきありがとうございました*

ヒナハナ

 

最近行ったマーケットまとめ*

こんにちは、ヒナハナです*

 

やっと写真がアップできるようになったので最近行ったマーケットをご紹介します!

 

South Melbourne Market

f:id:hinahannah:20171030155334j:image

4年ぶりくらいに行ってみたSouth Melbourne Market、思った以上に賑わっていました!

食材だけでなくハンドメイドや輸入品などたくさんのお店がありました。

ビクトリアマーケットの小さい版という感じでしたが十分広くて人も多くて楽しかったです♡

 

Queen Victoria Night Market 

f:id:hinahannah:20171030155419j:image

行ったのは冬のナイトマーケットの最終日だったのですが、かなり賑わっていて歩けないくらいでした。

食べ物に屋台もたくさんあってクリームブリュレとホットドッグを食べました!高かったけど美味しかったです!

ナイトマーケットもいろんなお店があって、私はリビングに飾る用のグラフィックを購入しました!

 

Finders Keepers

f:id:hinahannah:20171030155456j:image

以前記事にしたこともあるこのマーケット、また春バージョンがあったので友達と行ってきました♡

今回はブレスレットや人への贈り物など結構いろいろ買いました!

何度行ってもエキサイティングです♡

 

是非いろんなマーケットに遊びに行ってみてくださいね!

お読みいただきありがとうございました*

ヒナハナ

日本の接客業でストレスを溜めている方、オーストラリアでストレスフリーで働けるかもしれません!

こんにちは、ヒナハナです*

最近は仕事が休みの日はいろんな人と会う機会があります。

今週はお気に入りのTreehouseというカフェで2回もランチしました。

f:id:hinahannah:20171020143433j:image

f:id:hinahannah:20171020143509j:image

そのときに日本での接客業の大変さを聞いて、今自分がどれだけ楽しく働けているのかというのを改めて感じました。

そこで日本では絶対できないオーストラリアでのハッピーワークスタイル(カフェで働くヒナハナ版*)を日本の接客業と比較しながら5つに分けてご紹介しようかと思います!

 

1.接客態度

日本では笑顔じゃないとクレーム。言葉遣いが良くないとクレーム。手を後ろに組んでいてクレーム。店員同士がおしゃべりしていてクレーム。

こっちでは、チャイニーズの安いテイクアウェイショップは論外ですが、目も見ない。言葉を発しない。料理を運ぶときも流れ作業のようにボンとテーブルにおいて無言で通過。笑 本当にびっくり。そこまででなくてもローカルのカフェでもダルそうに働いている店員さんや笑顔ゼロの店員さんも多い。けどそんなに気にしない。むしろフレンドリーな店員さんも逆にお客さんとも楽しくおしゃべりしたり、鼻歌(時には大きな声で)を歌いながら、リズムに乗りながら接客。多国籍だから言葉は通じればOK。私も暇なときは常に鼻歌。お客さんと喋りまくり。

2.ケータイ

日本では当然仕事中はケータイ禁止ですよね。

私のカフェは厳しいほうでケータイ禁止ですが、他のカフェや飲食店、小売店では当たり前のようにケータイをしている姿を普通に見ます。コンビニでレジに行ったら店員さん電話中で客(私)が待ってても1分ほどしゃべり続け、「ガールフレンドがなかなか切ってくれなくて。ごめんね。」なんて言われることも。急ぎだったらそういうのは困るけど、基本ケータイいじってるくらい誰も何も気にしない。もちろんそれに対するクレームもなし。

3.お昼休憩

日本では従業員用の控え室などで休憩しますよね。

でもこっちではみんなホールでお客さんに混じって休憩します。しかもユニフォームのまま。お客さん用のテーブルでご飯を食べ、ケータイで遊んだりコーヒー飲んだり。

私もそうします。お客さんがいるテーブルの隣でお昼ご飯食べることも日常。店員が食べているのを見て、お客さんもそれが食べたいって注文してくれたり、お客さんと世間話したり。ご飯休憩中にお客さんが来店してランチを中断して対応しようとすると、"Relax! Keep going."とか"Enjoy your lunch"とか言って他の店員が来るのを待ってくれる。いいから食べてな。休憩中なんだから!って感じで。常連さんが来たときに私が食事中だと、”Stay!"とか言って私が対応しようとするのを阻む人も。笑

店員・客の立場関係なく一人の人としてリスペクトされているのをすごく感じます。休憩は休憩。客の前でご飯を食べるのがダメな意味がわからないというくらい。服やさんなどの小売店は店員が一人しかいないこともあるので、ランチを買いに行くときは"We'll be back in 10min :)"なんて書いた紙を張って店を10分ほど閉め、戻ってきたらレジのところで食べながら接客。行きたかった店に「10分で戻ります☆」なんて紙が貼ってあることもしばしばなので、そういう時は違う店見て回りながら待ちます。もちろんノークレーム。

4.お客さん

日本では小さなことでもクレームつけてくるお客さんも多いでしょうが、こっちの人はとても寛容。待たせてしまったり注文間違いがあったりしても、きちんと対応すればそんなに怒らない、料理が美味しかったりお店を気に入ってもらえたらものすごく褒めてくれる。もちろん変な人はいますが、変な人は明らかに変な人の場合が多いので「そういう人」として対応できるし、違うお客さんが助けてくれることもよくあります。変なクレームに対応できずに困っていると「おい、さっきから聞いてれば変にいちゃもんつけやがって。何がしたいんだ?」みたいな。直接的に助けてくれなくてもトラブルが去った後に、近くの席に座ってた人たちが「何さっきの人?すごく嫌な感じね。心配することないわ。料理も美味しいしあなたたちは素晴らしいわ。」なんて声をかけてくれたり。明らかに変な場合は「もう二度と来ないで下さい」と対応することもあるし、ひどい場合は警察も呼びます。お客さんが助けてくれることが本当に有難いです。

5.ワークライフバランス

日本ではブラック企業もまだ多いですし、そこまででなくとも有休を取りづらい文化が根強かったり、クリスマスや年始などの繁盛期に休みをもらうことに後ろめたさを感じたりすることがありますよね。

こっちは何かあればすぐ訴えるのでブラックなことはなかなか出来ないですし、みんな人を人として尊重しているのでホリデーも頻繁にとります。自分がホリデーを取っているときはみんながカバーしてくれるから、誰かがホリデーを取ったときも喜んでカバーする文化です。みんなLive to workでなくWork to Liveです。楽しく生きるために仕事してるんだ、仕事ばっかりで旅行もできないんじゃあ意味ないぜって感じですかね。なので基本的に週末は休むもの。働けっていうんなら給料2倍払ってね。クリスマスや年始は家族と過ごすもの。絶対働きたくないけどどうしてもっていうなら3倍ね。という意識です。お正月休みたいとかクリスマス休みたいとか当たり前ですよね。残念ながらうちのカフェは韓国人オーナーなので日本っぽい文化も強いのですが、強気で遠慮なくいつも休みもらいます。結婚していて旦那の家族がこっちにいるから言いやすいですしここはオーストラリアですからね。

 

以上、私が感じたオーストラリアと日本の接客業の働きやすさの違いを書かせていただきました。

ただ、ノークレームとは言っても特に飲食業は日本で言うホットペッパーのようなサイトが充実しているのでそこで悪いレビューが書かれたりすることはあります。うちのカフェは少ないですが、店員の態度が悪いところはレビューに書かれていますし料理の評価もされています。なので全く気にしないわけではないんですね。

でも日本の接客業を経験した人がそれをそのままオーストラリアでやるととても喜ばれます。喜ばれるとやる気も出るし嬉しいし、とても楽しく働けるようになると思います。日本の接客業に疲れた方はオーストラリアに働きに来てみたらいかがでしょうか?

日本の接客業で長いこと頑張っていた友達の話を聞いて、自分が今いかに恵まれた環境で楽しく働けているかということが実感できました。

これからも日本で培った接客術を活かしながらオーストラリアの文化の中で楽しく働きたいなと思います。

 

お読み頂きありがとうございました*

ヒナハナ

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


メルボルン(海外生活・情報) ブログランキングへ

インスペクターに捕まったけど罰金を払わなくてよかった話。罰金免除になったワケと豆知識。

こんにちは、ヒナハナです*

 

また1ヶ月サボってしまいました。

というのもスマホからアップデートしたいのですがなぜか写真が貼れず、後回しにし続けてしまったからです。

今もまだ原因不明。

先日ビクトリアマーケットのナイトマーケットに行ったりサウスメルボルンマーケットに行ったりして書きたいことはあったのですが、また写真が載せられるようになったらまとめて更新したいと思います。

 

今回はまさに今日起こった意外な出来事を書きたいと思います。

トラムのインスペクターに捕まったけど罰金払わなくてよかったよという話!

不謹慎な内容も含まれているかもしれませんのでそれでも大丈夫な方のみ読み勧めていただければと思います。

 

以前メルボルンの公共交通機関について書かせていただいた際罰金のシステムについても書かせていただきましたが、この1年で変更があったので補足しながら書いていきます。
hinahannah.hatenadiary.com

 まずはMykiシステムと罰金について簡単におさらい。

トラムを始めすべての公共交通機関を利用する際はプリペイドのMykiというカードをタッチオンしないといけないのですが、普段はチェックされないし改札もない所が多いのでタッチオンせずにも乗れてしまいます。

でもタッチオンしていないのを不定期で見回りに来るインスペクター(交通警察のようなもの)に見つかると、レポートされて約1ヶ月後に罰金を払うことになります。

その額なんと$238!高いですよねー。

以前の記事で書いた「その場で払えば$75」のシステムは廃止され、今は手紙が届いてから$238払いに行くシステムに統一されました。

ちなみにその時提示する連絡先や個人情報の嘘をついたり必要以上に抵抗したりすると罰金が重くなるのでご注意。

諦めて潔く捕まりましょう。笑

ただ残金のあるMykiを持っている場合は、止められても強行タッチオンすると、レポートされないようです。

というのも私が捕まった際、近くにいた男の人もタッチオンしておらず私と同時にインスペクターに声をかけられたのですが、ちゃんとMyki持ってるからって言ってタッチオンしようとしてno, no. Please. って止められて私はおとなしく従い、彼は無視して強行タッチオン。そしたらインスペクターは私だけレポートしたんです。

ひどい。言うこと聞いた方を捕まえて聞かなかった方はセーフなんて。。

まぁタッチオンしてない自分が一番悪いんですが。

この流れでどんな風に捕まるのか(私の場合)を書きますと、まずトラムに乗った時にたまたま友達を発見。

テンション上がってタッチオンせずそのまま友達の元に駆け寄り話し込んでいると、突然近くに座っていた人が話しかけてきた。なんとその人は私服インスペクターで私がトラムに乗り込む前から潜んでいたよう。慌てて「Myki持ってるよ、友達がいたから話しちゃってタッチし忘れちゃった!」って言ったけどさっき書いた流れに。インスペクターは私が乗り込むところからすべて見ていたので、「友達がいたからタッチオンし忘れちゃったんだよね。見てたからわかるよ。ちゃんとMykiにお金も入ってるしね。」と優しく言われ、免れるかと思いきや「でも乗って2ストップ以内にタッチオンしなかったら一応レポートしないといけないんだ。ご協力お願いします。」と言われ渋々応じる。

簡単にポリシーを説明されると紙を渡され名前と住所と生年月日を書くように言われ、同時に嘘の情報を書いた場合罰が重くなることを説明される。

嘘を書きたい気持ちを抑え正直に記入。

記入したら今度は住所と氏名が本当である証明を求められる。身分証はなかったもののBank Cardがあったのでそれで名前確認。住所はオンラインショップの履歴や友達に送ったテキストメッセージの内容、App Storeの登録情報などを見せるよう求められる。

何もない場合は家族や親しい人に電話されて確認される。

証明が終わるとMykiの番号を控えられ、レポートになんて書いて欲しいか(言い訳)聞かれ、私は友達を見つけて話し込んでしまいタッチオンし忘れたと書いてもらった。

1ヶ月後くらいに手紙が届くからもし申し立てしたければその手紙が届いてからするよう言われ、その日はおしまい。

そして約1ヶ月ちょっとたった今日手紙が届く。前回の経験上罰金になった経緯が書かれた紙と請求書的なものが入っているのかと思いきや、一枚の紙が。

なんと今回は罰金は取らず警告に留めるとのこと!!

ええーー!!

ビックリして理由を読むと、

1. 規則に従う意思があったこと

2. Mykiの使用履歴で普段はきちんと料金を払っていたことが確認できたこと

3. 過去3年以内に違反や警告を受けていないこと

だそう。

日頃の行いが功を奏したーー!!笑

1はMykiにお金が入ってたっていうことなのか、抵抗せずに正直に答えたからなのかわからないけど。罰金払う覚悟できてたから嬉しい!!

これからは気をつけよう!!

あれからトラムは極力使わずに歩いて30分かけて通勤してたけど、それも報われた気分。もちろんこれからも徒歩出勤頑張ります!

今回気づいたことをまとめると、普段きちんとしている人はMykiを忘れたりタッチオンできてなくて捕まってしまっても潔くレポートされ状況を説明して質問には正直に答えれば免除になるかもしれないということ。

あとお金が入ったMykiを持っている場合は強行タッチオンすればレポートされない可能性が高いということ。(もしかしたらインスペクターによるのかも。。)

どこかのブログで見たのですが、「インスペクターは結構適当で17時近く(勤務時間終了間じか)だったり、英語わからなかったりして面倒くさかったらレポートしない」というのは私は見たことがありません。彼ら結構まじめに勤務されてますよ。

自分が捕まらないときでもよくインスペクターに遭遇しますが、結構みなさん捕まっていろんな言い訳されてますが、きちんとレポートされています。一回23時ごろにインスペクターが乗ってきたこともありましたし土日ももちろん巡回しています。英語がわからない人用にいろんな言語で書かれた説明用カードを持っており、それに沿って対応しています。ただ見るからにホームレスの人はスルーしていますね。確かに罰金払うお金もなければ、その後レターを送る住所もないんじゃあレポートしても無駄ですよね。

なにはともあれ、役にたつかもしれない、いや役に立たない方がいいMyki情報でした。笑

 

あまりよくない話題にも関わらず最後までお読みいただきありがとうございました*

ヒナハナ

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


メルボルン(海外生活・情報) ブログランキングへ

ブログを始めて今日で1年らしい

こんにちは、ヒナハナです*

 

なんとこのブログを始めて今日で1年になるらしいです!

ここまで続けてこられたのも読んでくださってスターをくださったりコメントをくださったり、応援してくださるみなさんのおかげです♡

ありがとうございます*

最近更新頻度は高くないですが、メルボルンらしい面白いことや新しい情報があればちょくちょく発信し続けたいと思っています。

それと自分のビジネス立ち上げに関することも書いていければいいなーと思っているのですが素人すぎてビジネスについてどこまで書いていいかわからないのでもしかするとパートナービザの年表のように後でまとめて書くかもです。

ビザ中心の内容からオーストラリアでのビジネスに関してなどにブログの趣旨は変わっていくかもしれないですが、引き続きいただいたコメントや質問にはできる限り応えていこうと思いますのでよろしくお願いします*

 

最後にこの間行ったFitzroyにあるNaked for Satanというオシャレなバーの写真を載せて終わりにします!

1つ$2のピンチョスタパス、最後に爪楊枝の数でお会計するという美味しくて楽しいシステム♡

f:id:hinahannah:20170912202714j:image

お読みいただきありがとうございました*

ヒナハナ

オーストラリアでオーガニックのお菓子を買ってみたり作ってみたり!

こんにちは、ヒナハナです*

 

最近更新頻度が落ちてきていてすみません。

うまくいかないことも多いですが充実しています!

自分でビジネスを始めたくて、いろいろ調べたり人と会って話したりお金を払って話を聞いてもらたり。

いろんな人の意見を参考にさせていただいて、ハンドメイド関係をメインでやビジネスとして成り立たせるのは簡単ではなさそうなので、範囲を広げていろんな可能性を視野に入れてやろうかなと思います。

進めれば進めるほど、ビジネスとして成り立たせていくことと趣味で続けていくことは全然違って、しっかり割り切ってやらないといけないと考えさせられます。

今はビジネスというものを学ぶために分野は違いますがカップケーキを研究中。

これを題材にマーケティングやビジネスモデルのお勉強をしています!

Sugar-free, vegan, gluten free, dairy freeなど誰でも安心して食べられて且つおいしものを安く作れるか、買って食べてみたり作ってみたり。

f:id:hinahannah:20170830204950j:image

これはビーガンのチョコカップケーキと、ビーガン.グルテンフリー.デイリーフリーのアプリコットココナッツスライス。Caulfield Parkの近くのBake My Dayというお菓子屋さんで購入!どちらも普通に美味しかった♡

f:id:hinahannah:20170830204831j:image

これはBalaclavaにあるLittle Henというオーガニックショップで買ったビーガンのラズベリーチョコレートカップケーキ。これで$8もした上に激甘で、2口でギブアップ( ̄O ̄;)

f:id:hinahannah:20170830204706j:image

これは昨日作ったハチミツレモンカップケーキ(シュガーフリー.デイリーフリー)。美味しいけどお店クオリティじゃない。

ハチミツだとメレンゲがゆるくなっちゃってなかなか難しいし見た目も味も地味。。

なかなか難しいです。

 

カップケーキの研究も楽しいけど、メインのもビジネスにできるように頑張ります*

気長に引き続き応援していただければ嬉しいです!

お読みいただきありがとうございました*

ヒナハナ

終戦記念日のあたたかい話

こんにちは、ヒナハナです*

 

先日8月9日は私の地元の長崎に原爆が落とされた日でした。
長崎生まれ長崎育ちで被ばく三世でもある私には特別な日で、私が働くカフェの常連さんにはそれを知ってくれている人もいます。
その8月9日に常連のおばあさんが私にローズマリーを買ってきてくれました!

f:id:hinahannah:20170816211524j:image
ローズマリーにはRememberanceの意味があるそうです。
この日に思いを馳せてくれて、悲しまないでとハグしてくれてローズマリーまで買ってきてくれて、とても温かい気持ちになりました。

そこでそのローズマリーと、たまたまお義母さんからいただいたレモンを使ってローズマリーとレモンのクッキーを焼きました。

f:id:hinahannah:20170816211547j:image
初めてにしては美味しくできてハッピー♡
翌日カフェに持って行って、ローズマリーをくれたおばあさんにお礼を言って渡して、同僚や他の常連さんにもおすそ分けしました。
みんなとっても喜んでくれてまた温かい気持ちになりました。

平和な時代の平和な場所で楽じゃなくても恵まれた生活を送っていることに感謝して、この暮らしを守っていきたいなと思います。
今でも平和じゃない場所もあって、今平和な場所もテロや災害などでいつどうなるかなんてわからない。
核や戦争をなくすことは不可能だってわかってるけど、きちんと語り継いでいくことは確実に抑止力になる。
多くの人の心を動かせば正しい政治家も選べる。
少しでも自分にできることをしていきたいなーと思って機会があればそういう話もするようにしています。
よく出身聞かれて長崎って答えるとボムの話を聞かれます。
だから少しでも話ができるように犠牲者の数とか当時のこととかいろいろ覚えてます。
まぁ人の心が動かせるほど深い話をする機会なかなかないんだけどね。

オーストラリアでは15日の終戦記念日もお盆もないので特別なことはしませんでしたが、とてもあたたかい日でした。

 

少し真剣な話になってしまいましたがお読みいただきありがとうございました*
ヒナハナ