オーストラリア移住奮闘記

ワーホリ、Studentを経てパートナービザで移住!毎日挑戦にあふれたキラキラライフをお届けしたいと思います♡

なんでお腹の大きくない妊婦に席を譲らないといけないの?マタニティマークについて思うこと。

こんにちは、ヒナハナです*

 

今日は妊娠して感じたことと、日本のマタニティマークについて考えたことを書こうと思います。

 

なんでお腹もまだ大きくない涼しい顔した妊婦さんに席を譲らないといけないの?マタニティマークつけて席譲れアピール?幸せアピール?なんてこと思う人多いらしいですね。


私も正直妊婦さんに席を譲ったり労ったりする理由は、お腹が重いからということとつわりがあるからだと思っていました。


もちろんそれもありますが、そんなに単純なことだけじゃないんだと実感。

つわりのしんどさは想像をはるかに上回っていたし、心臓から1度に送られる血液量が1.5倍に増えることで疲れやすく負担も大きい。

栄養が胎児優先に送られて貧血気味になったりだるくなったりするし、お腹がまだそんなに大きくなくても体内で人間を作り上げてるんだから体が急激に変化していろんなところに痛みが出てくる。


仕事終わりに夕食の買い物をして両手に重い買い物袋ぶら下げて座れない電車に揺られているときは、本当に最悪の気分。妊婦じゃなくてもしんどいですよね。

疲れて電車で重いもの持って立ってるのがキツいのはもちろん転倒もよくないしぎゅうぎゅうでお腹を押されたり人にぶつかったりするのもよくないからすごく心配でストレス。

特にこオーストラリアでは妊婦なのかぽっちゃりなのかわからない人で溢れかえっているから、妊娠5ヶ月の私なんて妊婦に見えるわけもないしマタニティマークも存在しない。

日本に比べたらレディファーストだしマシだけど、やっぱりちょっとしんどいしたまにしゃがみこんじゃう。

つわりの真っ最中なんて毎日ビニール袋(エチケット袋)握りしめて通勤してました。


妊婦は電車は使わずタクシーに乗れとか働くなとか言う人、結構いるんですね。

マタニティマークに関する記事をたまたま読んでびっくり。とても悲しくなりました。

妊婦にだって生活があるんです。これからもっとお金もかかるだろうし職場にも迷惑がかかるから働かないといけないし、タクシー生活する余裕なんてないし。

それに妊婦ってもちろん幸せだろうけどみんなそれぞれいろんなことを抱えてるし、不妊の人のこと考えろとか言われても妊娠中に配慮が必要なのは仕方ないじゃない。

不妊の人のことを考えて子供は作るなとか妊婦は外に出るななんてこと言い始めたらそれこそ少子化で日本は終わっちゃうんじゃないかな。

不妊の人のことを考えると逆に産める人が産んで日本を支えるんじゃないの?

 

マタニティマークをつけていて悲しい目に合うんならつけたくないと思うけど、配慮が必要なときはつけたほうがいいと思います。

優しく気づかってくれる人もたくさんいると思います。
わたしは日本じゃないしマタニティマークもないから嫌な思いをしたことはないですが、日本ではそういう悲しいことがちょくちょくあるらしいので、聞いているだけですごく辛い。

妊婦だって外出するし、できるだけ避けたとして電車に乗ることはある。

お腹がまだそんなに大きくない時やつわりの時期じゃないときも、妊婦さんは大変。キツそうにも見えないのにマタニティマークつけて威張ってお姫様気分味わってるわけじゃないんです。(たまに偉そうな妊婦さんがいると少し腹がたちますが。笑)


私は自分が妊娠して色々調べたり実感したりするまでちゃんと知らなかったから、きっとあんまりわかってない人も多いんだろうなと思って、少しでも妊婦さんやマタニティマークに対する理解者が増えればいいなと思って、書きました。

周りでマタニティマークをつけている人やお腹の膨らんでいる人を見かけたら労ってあげてください。

間違ってもひがんでイジワルしたり、心無い言葉をかけるのはやめてあげてほしいです。


ちなみにまた違う話だけど、お年寄りや妊婦、怪我人とか典型的な席を譲るべき人じゃなくても、状況に応じて必要な人に席を譲ってあげたりするべきだとも思います。

若い男の人でも具合が悪そうなら席を譲ってあげるべきだし、日本の天井が低い電車で背がとっても高い人が狭そうに縮んで立っていたら席を譲ってあげたらいいと思います。


なんか私何様だよって感じになってしまいましたが、みんなが配慮し合えたらすごく暮らしやすい社会ができるなぁなんて、理想論ではありますが時々そんなことを思うんです。


締まりのない内容になってしまいましたが最後までお読みいただきありがとうございました*


ヒナハナ

自己流戌の日の安産祈願*15週目のコンサルティング振り返り*

こんにちは、ヒナハナです*

 

今日は私(17週目)にとって妊娠五ヶ月目の戌の日でした!

メルボルンには神社などはなく戌の日の安産祈願が出来る場所はないようですが、赤ちゃん関係の始めてのお祝いというか行事ということで、旦那をつき合わせて自分たち流でお祝い。

お祝いと言ってもたいしたことは何もしてないんですが、お日柄が先勝ということで朝から赤飯を炊いて自宅のご仏前にお供えして御参りしてから、妊娠帯を初めて装着。

f:id:hinahannah:20180530144033p:image

レギンスの上から付けてなんかすごい格好になってますが^^;

完全自己満な戌の日の安産祈願でした。

 

前回は12週目の健診についてまで書いたので今日は15週目のコンサルティングについて書こうと思います。

 

前回は初の産婦人科受診だったのにエコー取っただけで終わってしまってあっけにとられてしまいましたが、15週目は逆にエコーなしです。

身体測定などももちろんなく完全に問診?カウンセリング?のみ。

初めてミッドワイフと呼ばれる助産婦さんと会い、体調はどうの今までの検査結果はどうのという話をしました。

このシステムも面白い。これからもちょくちょくコンサルティング(健診?)があるようなんですが、基本助産婦さんと会うらしいです。

パブリックだからこういうもんなのか、プライベートでもこんな感じなのかはわかりませんが、助産師さんも同じ人が最後まで担当してくれるわけではなく毎回違う人らしい。

きっと医師とは出産まで会わないんだろうな。

しかもコンサルティング中に血液検査の結果に記録不備があったらしく、もう一回しないといけないことに。。しっかりしてくれよと思いつつも、その場で採血できるとのことだったのでしてもらったんですが、ひどい内出血になりました。

f:id:hinahannah:20180530144100j:image

こういうカウンセリング的なことも前回のエコーと同じ日にやってくれればいいのに、なんでわざわざ別日にやるんだろう。いちいちサンドリンハムまでくるのとっても面倒なのに。といつも文句たらたらな私。

でもこのとき妊娠したら読むべき本?冊子をはじめ、妊婦用の雑誌やベビー用品のカタログ、妊娠線クリームや赤ちゃん用柔軟剤のサンプルまでいろんなものをもらいました。

そのほかインフルや妊婦用の予防接種の案内、両親学級の案内ももらったので予約しなければ。

実はインフルの予防接種は昨日行ってきたのですが、妊婦は無料でした!

両親学級は病院によって費用は違うみたいですが、サンドリンハムの場合は$60~$200(クラスによる)かかるらしいです。

ちなみに去年ボックスヒルホスピタル(パブリック)で出産した知り合いは両親学級は無料だったそうです。いいなー。

 

そしてインフルの予防接種が関係しているのか否かはわかりませんが、ちょっとだるくてくしゃみ鼻水がひどく、昨日ぎっくり腰をやってしまいました。。

昨日は自分でベッドに横になることも起き上がることも出来ない有様。

今朝は朝から贅沢に湯船に使って腰をあたため、だいぶマシになりました。

毎年冬はよくやっちゃうんですが、妊婦もなりやすいらしいですね。ただ利用できるシップや整体が限られていて大変です。

たまたま昨日、今日と連休だったのが幸いでゆっくり休めました。

 

オーストラリアの健診は日本と比べてとっても少ないので、あっという間に現在に追いついてしまいました。

あとはリアルタイムで更新していくのと、通院系のテクニカルなことではなく生活編みたいな感じで書いていきたいと思うので、引き続きよろしくお願いします^^

 

お読み頂きありがとうございました*

ヒナハナ

 

妊娠発覚から12週目の初健診まで*いよいよ初めての産婦人科受診!

こんにちは、ヒナハナです*

 

前回は妊娠検査薬で陽性が出てから病院で妊娠判定されるまでの予想外に長い道のりを書かせていただきましたが、今回は初めての妊婦の健康診断について書きたいと思います!

 

前回もちらっと触れましたが、オーストラリア(メルボルン)では産婦人科で妊婦の健診が始まるのはなんと12週目からなんです!!

びっくりじゃないですか?

それまでも頻繁にGPに通って健診するのかと思いきや、10週目にダウン症やその他染色体異常の病気のリスクを見るための血液検査の結果を貰いにいく1回だけ。

たまたま知り合いに子宮外妊娠を経験した人がいたり流産した人がいたりして不安でたまらない私はとりあえずきちんと赤ちゃんが子宮内にいて心臓が動いているのかだけは確認したくて、7週目にスケジュール外のエコーを申請。

お願いすればGPで簡単に紹介状書いてくれます。

 

なので私は初めての定期健診(12週目)に行く前に

7週目にウルトラサウンド(産婦人科じゃないウルトラサウンド専門施設にて)

10週目に染色体異常チェックの血液検査(最初に行った血液検査専門施設にて)

に行きました。

どちらも定期外なので料金が発生します。

10週目の検査は強制じゃないみたいで別に受けなくてもよかったんですが、GPで受けるのが普通みたいに言われてので受けました。

そしていつも通り、結果はその場でもらえず再び後日GPを予約してそこで教えてもらえます。なんて面倒なんだ。慣れなければ。と自分を落ち着かせていました。

 

でもやっぱり7週目に初めて自分のお腹の中にいる小さな命を見た時は感動しましたね。

豆粒みたいなのに心臓が力強く動いていました。追加でウルトラサウンドしてもらって本当によかったです。

 

さて、いよいよ初めての産婦人科受診(12週目)です!

パブリックは病院は選べず、住んでいるエリアで出産する病院が決まっています。私の場合はサンドリンハムホスピタル。家からは結構遠いですが評判はいいところだったのでよかったです。

 

産婦人科での健診だから日本みたいにいろいろ検査があったりお医者さんと話したりするんだろうなーとドキドキしながら受診。

まずはエコー室に呼ばれ、産婦人科医ではないウルトラサウンド専門医がエコーをとってくれました。この間は豆粒だったのに、もう人間の形になって自分で動いている姿が確認できて感動!!

さあ次は何だ?と待合室で待っていると、なんか紙をもらって今日は終わりですーと言われました。

えーーー!!遠いところまで足を伸ばしたのに、問診もなければ体重や腹囲測定、尿検査など全くなし。産婦人科医に会う事もありませんでした。

エコーだけなら前回の場所でよかったんじゃ?と不完全燃焼のまま終了しました。

 

そして例のごとくGPに行って結果をもらい、次のステップを聞いて終わり。

ちなみに次は15週目のコンサルティングだそうです。

日本と違って驚くことの多いオーストラリアの妊娠出産事情。

まだまだ続きます!

 

お読みいただきありがとうございました*

ヒナハナ

妊娠検査薬で陽性が出たらどうする?*オーストラリアで妊娠発覚!

こんにちは、ヒナハナです*

 

今日は妊娠が発覚した当初、オーストラリアの妊娠・出産事情を全く知らず困惑したことを書いてみたいと思います。

ちなみに私はプライベート保険には入っておらずパブリックでの出産となります。

ここに書いていることは基本全部パブリックの事なのでそれを理解したうえで参考にしてください^^

 そして妊娠関係のことなので、少し変な表現や内容もあるかもしれませんがご了承ください^^;

 

まずは普通に生理が遅れていて、心当たりがあったので市販の妊娠検査薬を試したところ結果は陽性。

予定外ではあったものの、私は子どもが欲しいと思っていたので素直に嬉しい出来事でした!

 

しかし喜んだのもつかの間、オーストラリアの妊娠・出産はどんな仕組みなんだろう。。

とりあえずGP(一般開業医)のところに行って妊娠を確定させることからということで、行きつけのGPを予約。

 

日本の感覚からしたら、病院(産婦人科)に直接行ってその場で血液検査なり尿検査なりして妊娠判定をもらうんだろうなと思っていました。

が!! 

結論から言うと最初にGPに行ってから妊娠判定をもらうまで、5日もかかりました。

検査薬で発覚してから数えるとなんと7日。

 

流れとしては、

検査薬で陽性

→GP予約 →GPを受診して血液検査の紹介状をもらう

→血液検査専門施設で血液検査

→GP予約 →GPで血液検査結果を受け取り妊娠確定

こんなにかかるんです。いろいろ行かされるんです。

 

妊娠検査薬で陽性が出てからは早く確定してほしいのに、予約までしてに行かないといけない。

しかもその場でGPで検査してもらえるのかと思いきや血液検査をしてもらうための施設への紹介状を書いてもらうだけ。

しかも「妊娠したと思うんですけど」と話したら

「妊娠検査薬で陽性出たんなら確定だよ。最近の検査薬は性能が良いからね!」なんて言われて即招待状書いてくれて終わり。

「おめでとう」も「体調はどう?」もなく、何のために行ったんだろう、ととってもがっかり。笑

 

そして翌日に血液検査をしに行って試験管3本分の血を取られたもののその場では結果はわからず、また3日後以降にGPに行って結果をもらわなければいけないとのこと。

オーストラリアの面白いところはこうやって業務がかなり細かく分散されていていちいち専門の場所にいかされる事。この血液検査の専門施設は産婦人科とも全然違う場所です。

基本はGPを受診して違う専門施設に回されて結果はまた後日GPで受け取る。変なのー。

 

何はともあれただの妊娠確定だけに何日もかかってGPで血液検査の結果を聞き、ようやく妊娠確定しておめでとうって言ってもらえました。

 

そのとき次の検診について話があったんですけど、次の定期健診は12週間目らしいです。

ちなみに判定があったのは5週目の終わり。

日本は5週目には胎芽を確認したり7週目には心拍を確認したりしたりして順調に赤ちゃんが育っているか頻繁に経過を見れるのにこっちつわりが終わる時期まで赤ちゃんを確認できないってことかい!

子宮外妊娠とか染色体異常で育ってなかったりとか不安だったので、お願いして7週目にもエコーしてもらうことにしました。

私はパブリックだったので基本無料で健診が受けれますが7週目のエコーは範囲外なんで料金発生します。

でも初めての妊娠だしそんなつわりが終わる12週までのんびり待てないですもん!

 

そんなこんなで妊娠判定だけでこれだけ時間がかかるシステムを早速経験して、これからどうなるのか気が遠くなった妊娠超初期でした。

 

これからまた少しずつ書いていきたいと思います。

お読み頂きありがとうございます*

 

ヒナハナ

ブログ再開のお知らせ*長い間サボってごめんなさい!

ものすごーくお久しぶりです!

ヒナハナです*

 

なんと半年ぶりの更新!

まだ読んでくれている人はいるのでしょうか。。笑

 

この半年間、いろーんなことがありました。

中でも大きな出来事は、私の妊娠発覚!!

 

もともとこのブログはパートナービザ申請にとっても苦労した経験が誰かの役に立てばと思って始めたので、ある程度書きたいことを書いてしまった後ただの日記みたいになってしまうと面白くないのかなと思い更新が滞っていました。

それでも面白いイベントもあったのですが、一度滞ってしまうとなかなか書けず^^;

 

そして妊娠発覚を機に、今度はオーストラリアの妊娠・出産事情を書くことで同じような境遇の誰かの役に立つかもしれない、と思いブログを再開するに至りました!

 

すでに妊娠5ヶ月目に入り、書きたいことはたまっていますし、前にブログで報告?告知?した私の趣味兼ビジネスに関することも書きたいと思っていたので、少しずつ書いていければ良いなと思います。

 

半年間サボっている間、パートナービザに関する質問やコメントをちょくちょく頂いていたのですが、返信できたものもあれば忘れていてできなかったものもあります。

すみませんがもう一度リマインドしていただければ改めてコメントを返させていただきたいと思います。

 

ただ、ビザに関するアドバイスをすることが違法だというご指摘のコメントもいただきました。

私はこのブログで一銭も稼いでいませんしどこかの広告や宣伝をしているわけでもないので違法になるのであればこのブログを書くメリットは私には全くないです。

あまり深く考えずに自分の経験が誰かの役に立てばと思って書いていたので、実際このコメントをきっかけにモチベーションが下がってしまったというのもブログが滞った大きなきっかけでもありました。

なので改めて明確にしておきますが、私はエージェントでも法律家でもないので特にビザに関することはあくまでも私の経験に基づいて「私はこうした」「私の場合はコレで大丈夫だった」という「結果」をお伝えすることしかできません。

資格も専門知識も持っていないので、私が書いている通りにやってうまくいかなくても責任は一切持てませんし確実な回答はできませんので、それを理解したうえで参考にしていただければありがたいです。

 

今日はとりあえずブログ再開のご報告ということで、短めに終わらせていただきます。

近いうちにまた更新しようと思うので、興味がありそうな記事のときは見に来ていただければ嬉しいです*^^*

 

f:id:hinahannah:20180525164243p:plain

 

この間食べたエレスタンウィックにあるAVIVという美味しいケーキ屋さんのタルトの写真でおわかれ!

では、また*

 

ヒナハナ*

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


メルボルン(海外生活・情報) ブログランキングへ


オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ


国際恋愛・結婚 ブログランキングへ

オーストラリアでレーザー脱毛まとめ

こんにちは、ヒナハナです*

 

以前レーザー脱毛について書かせていただきましたが、今日で6回パックすべての施術が完了しました!
そこでオーストラリアでのレーザー脱毛をまとめてみたいと思います。

 

*クリニック*
Laser Clinic (Malvern支店)

 

*施術箇所*
脚(全体)
ブラジリアン(V+I)
ワキ
これに加えてAdd-onでおしり(O)とへそ周りも何度かやってもらいました。

 

*お値段*
脚・ブラジリアン・ワキのセットで通常$210を半額セールの時に6回分購入し、1回分$104で計$627お支払い。
さらに1回目の施術後にアフターケアに必須だからと言われクリーム3本セット$99を購入。
さらにブラジリアン含まれていなかったらしいおしり(O)をAdd-on($10)で計4回やってもらい、後になっておへそ周りもAdd-onできることを知り、2回やってもらったため、Add-onで合計$60払いました。
脱毛関係で使った総計は
$627+99+60=$786
日本と比べると、安いんじゃないだろうか。。定価だとオーストラリアの方が高くなるんでしょうが、こっちはちょくちょく大きなセールもやってるのでその時を狙えばお得に脱毛できますよ!
オススメの時期はやっぱり決算期セールの6月末。時期は冬ですが来年の夏のために脱毛始めるには時期的にもピッタリ!夏の間に脱毛するのは大変だと思います。日焼けしちゃいけないし、施術後肌荒れとかひどいと見苦しくて肌出せないし。
私は次は腕や背中も考えているので、また来年の決算期を待とうと思います!現時点でのプライスリストも載せておきますね。

f:id:hinahannah:20171120155554j:image

 

*痛み*
やっぱりブラジリアンとワキは結構痛いです。でもネットでめちゃくちゃ痛いと書いてあってビビっていたのですが、思ったよりは大丈夫でした。脚とへそ周りはちょっとピリピリするくらいで痛くなかったです。
それよりも大変だったのは施術後の肌荒れです(>_<)
ワキは全然大丈夫だったんですが、脚とVラインが真っ赤っかになることがあって脚は特にぶつぶつが消えるまで1週間以上かかっていました。
買わされた専用のクリームでケアしているのに6回中4回は荒れました。荒れる時と大丈夫なとき何が違うんだろう。。
セラピストの人に相談すると少し荒れるのは普通でアンチヒスタミン飲むとかゆみが治っていいとのこと。私はアレルギーでアンチヒスタミンをよく飲んでいたので耐性できていたのかあんまり効かなかったです。

 

*対応*
本当に人によって対応は様々!もっと統一した方がいいんじゃ、、と思いますが、特に悪いということはないです。
人によっては服を脱ぐ際部屋を出てくれる人もいれば横で脱ぐのを待ってる人もいるし、施術後すぐにクリームを塗ってくれる人もいれば全く塗ってくれずセルフサービスの人もいました。
恥ずかしさへの配慮もほとんどないですがこっちのサービスに慣れてる私には特に文句なしです!

 

*効果*
効果はキチン出ていると思います。
特に最初は衝撃的で、毛がみるみる抜けていくのがわかってすごく嬉しかったです!2回目以降はそれほどはっきりはわかりませんでしたが、確実に薄くなってきてワキはほとんど何もしなくていい状態になりました。
脚とブラジリアンはまだ薄く生えてくる状態で、あと2~4回の施術を勧められましたがだいぶ薄くなったのでもういいんじゃないかと考え中。施術を止めるとまた目立ってくるかもしれませんが夏の間は極力したくないので様子を見ようかなと思います!

 

*総評価*
値段も高すぎず、きちんと効果が表れているので満足!ただ肌が荒れるのがどうにかならないかなーと思います。もともと肌が弱いのでどこのクリニックでも一緒なのか、クリニックを変えれば荒れないのかはわかりません。とりあえずパックが終わったので他のところを試してみるのもアリかなーとも思うので、もしオススメのクリニックなどあれば教えていただければと思います!

 

少しでも参考になりましたでしょうか?
お読みいただきありがとうございました*
ヒナハナ

メルボルンでシソを手に入れた。

こんにちは、ヒナハナです*

 

最近Dengon Netの売ります・買いますのコーナーで売られていたシソの苗を購入しました!

シソって時々フジマートに売ってあって買うんですが10枚入りで$3.5とかなんですよ。

高いなーと思っていた時にこの記事を見つけたので、園芸なんてしたことないのに衝動買い!

翌日には引き取りに行きました。

f:id:hinahannah:20171106100625j:image

可愛いシソちゃん、ガーデニング初心者の私だけれどよろしくね!

元気に育ってね!

大きくなったらまた記事を書こうと思うので、声をかけていただければ喜んでおすそ分けしに行きます♡笑

多くの人におすそ分けできるようになりますように*

 

今日はメルボルンのビッグイベントのひとつ、メルボルンカップです!

競馬のイベントなんですが、ビクトリア州の祝日になっていてみんなとても盛り上がります。

私は全く興味がないので今日もお仕事頑張ってきます!

 

短いですがお読みいただきありがとうございました*

ヒナハナ